乳児とハチミツ、意外と知られていない?

東京都で生後6か月の男の子がハチミツを与えられたことによる乳児ボツリヌス症で死亡したニュース。
ご存知の方も多いのでは?
このことを受けて、厚生労働省は1歳未満の乳児に蜂蜜を与えないよう、全国の自治体に対し、注意喚起を求める通知を出したそうです。



このニュースを聞いてハチミツは乳幼児ではNGであること、知らない人って意外といるのね・・と職場のドクター間で話題になりました。
私の周囲のドクター数人に「いつハチミツNGと知ったか」と質問すると、
「医学部の授業でボツリヌス毒素があるからと習ったよね」という人と
次が「パッケージに注意書きがあるから知っていた」という人に2分されました。

私は後者で、パッケージを見て中学生か高校生のとき知り、
具体的にボツリヌス毒素によるものでアセチルコリン放出を妨げ筋弛緩が・・・、
という詳しいことは医学部テキストで知ったクチです。

ボツリヌスといえば真空パック入りの辛子レンコンでもボツリヌス毒が発生!
と一時はマスコミでさんざん取り上げられましたよね。
(調べてみると1984年のことのようで、11名もの方がお亡くなりになったそうです。)


離乳食講座(よく自治体主催で保健師や栄養師さんがやっている)で、
ハチミツの注意喚起は以前からされている、ということも聞いたのですが、
私はそういった講座に行ったことがないので不明です。
市販の離乳食レシピ本というのも買わなかったし。

こういう講座にも行かない、本も見てないタイプの母親が一番危ないのでしょうね。
あとは昔の育児法を押し付けてきて、アップデートされていない祖母世代とかも危ないです。
現にこういった悲しい事故が起きたということは、
医学的に大切な情報が届いていない人がある程度いた、
ということ。



自分にとって医学的常識と思っている事項が相手にとっては決して常識ではない、ということはあるので、
伝えていくことは大切です。
(特に夫・非医療職と娘のことをめぐって話していると、前提が違っていて え?となることあります。)

でも未然防止のための個別指導することは、診察・治療を主とする医師の立場からすると不可能なので、
保健婦さんや栄養師さんからの啓蒙活動、
母親学級や離乳食講座などが適切です。
これらの講座に参加することで、広く確実に新しい知識を入れることが大切ですね。
どうか同じような不幸な親子が出ませんよう切に祈ります。



お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

2 Comments

☆さんご☆  

ななこさんこんにちは。
私の夫やその家族も、一歳未満は蜂蜜NGということ娘が産まれるまで知りませんでした。今回のニュースで夫は『本当にこんな事あるんだね』と話してました。私が大げさに言ってると思ってた部分があったみたいです。

そして、蜂蜜以外に黒糖もNGなんですよね。黒糖が身近にある環境からか、私の住む自治体では乳児健診の際に蜂蜜と黒糖は1歳未満はNGだと指導されます。ネットで調べてみると加熱しても菌が死なない事があるから加工品も気をつけるようにと書かれてるサイトもあり、1歳未満のときは加工品を与える時に目を光らせてチェックしていました。

2017/04/14 (Fri) 12:40 | REPLY |   

七瀬ななこ  

Re: タイトルなし

☆さんご☆さん、コメントありがとうございます。
 乳幼児と食品(アレルギーも含む)については、人によって認識が違うので「神経質なだけ」と受け取られかねないですよね…。
 ボツリヌス菌による毒素ですが、国内ではハチミツ、加工食品(真空パック、缶詰)での死亡例を含む有害報告がありますが、黒糖が明白な原因と分かっている報告例はまだないようです。ただ製造過程からすると混入の恐れあり黒糖もNGと言われているようです。
 乳幼児のうちは神経質過ぎるくらいで良いと思います。死亡してしまったら取り返しがつきませんから。今回のお子さんとご家族がお気の毒でなりません。

2017/04/14 (Fri) 13:16 | REPLY |   

Leave a comment

Latest